不動産に投資を行い収入を得る〜じっくりファイナンス〜

株は誰でも出来ます

家の玄関

投資金額はいくらから可能なのか

株式投資を始めるにはたくさんの資金が必要だというイメージを持つ方がほとんどだと思いますが、実際はそうでもありません。 自分の証券口座さえ開設していれば数百円から購入できます。 しかし現実に利益をあげようと思えばやはり数十万円は必要かと思います。 株にはそれぞれ単元というものが存在します。インターネット上にある株価いくらというのは1株あたりの金額となっており、一般的な取引では株価×単元が購入に必要な金額になります。 リスクの観点から初心者向けといわれている誰もが知っている有名企業の株は当然値段も高く、購入するためには数十万〜百万前後は必要です。 ですので株式投資には多くの資金が必要だというイメージがあるのかもしれません。

東証一部と東証マザーズ

一般的に初心者向けといわれているのが東証一部銘柄です。会社が東証一部に指定されるには様々な条件をクリアしなければなりません。その中でも日経平均の対象とされている225銘柄はいわばエリートの会社です。業績も申し分ないため下落のリスクが低く、株主優待や配当も充実しているため、貯金感覚で購入する人が増えています。やはりリスク管理は必要ですので初心者の方はこちらがいいかもしれません。 一方東証マザーズは新興市場といわれており、東証一部と比べると業績もこれからといった企業が多いです。かといって東証マザーズにも上場のための条件はありますから、決してマザーズの銘柄が悪い企業という訳ではありません。 マザーズの銘柄の特徴は値動きが激しい事です。上昇も大きい分、当然下落のリスクも大きいです。初心者向けではありませんが夢のある株式投資が可能です。